アケボノハゼはどうやって飼育すればいい?

アケボノハゼ

アケボノハゼってどうやって飼育したらよいのでしょう?

スポンサードリンク




アケボノハゼの飼育方法

まず飼育するには水槽が必要ですね。
水槽の大きさは45cm以上のものがおすすめです。

こちらの動画は姫路市立水族館のものですが
こんなに大きくなくても構いませんよ(苦笑)


YOUTUBEで観たい方はココをクリック!

もし「1匹しか飼育しないよ」という場合には
30cmくらいの水槽でも大丈夫です。

水槽を購入したら次は水温ですね。
アケボノハゼの最適な水温は25℃です。

アケボノハゼはデリケートな魚です。

25℃よりも水温が高かったり、逆に低かったりするだけで
調子を崩してしまいます。

最悪、餌を食べなくなってしまい死んでしまいます。
そのため、ヒーターやクーラーは必需品です。

結構、お金のかかる魚ですね。

アケボノハゼ

アケボノハゼ

とにかくアケボノハゼを飼育するなら
水温は25℃を徹底してくださいね。

それから餌もアケボノハゼを飼育するのに重要です。

アケボノハゼの餌は

・人工の餌
・生の餌

どちらでもOKです。

アケボノハゼは水温をしっかりと維持していれば
そんなに病気になるほどヤワな体ではありません。

ですが、もし餌を食べないという兆候が現れた場合には病気の可能性があります。
食欲と水温は毎日チェックしてくださいね。

アケボノハゼ

アケボノハゼ

最後に、水槽は45cm以上のものがよいといいました。
加えて水槽には必ず蓋をつけましょう。

なぜならアケボノハゼは水槽からピョンと飛び出してしまうことがあるからです。

アケボノハゼはネット通販で購入できますよ。
(海水魚)アケボノハゼ(1匹) 北海道航空便要保温

スポンサードリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 07日
    トラックバック:アケボノハゼは混泳大丈夫?
  2. 2017年 6月 08日
  3. 2017年 6月 08日
    トラックバック:オヤニラミは混泳可能?
  4. 2017年 7月 05日
    トラックバック:オオクチバス問題とは?

ページ上部へ戻る