ガザミとワタリガニの違いは?

ガザミ ワタリガニ 違い




「ガザミとワタリガニの違いって何ですか?」
と検索している方がいます。

この記事ではガザミとワタリガニの違いって何なのか?
わかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク




なぜガザミをワタリガニというの?

結論から申し上げますと、
ガザミとワタリガニは同じです。違いはありません。

一般的に日本人がいう『カニ』はたいていガザミのことです。
で、ガザミが群れて束になって移動することから『ワタリガニ』といったりするだけの話です。

おそらくこの記事をご覧のあなたは
ガザミとワタリガニなら、
ワタリガニの方をよく耳にするのではないでしょうか。

なので、ガザミとワタリガニは同じ意味ですが、
ワタリガニの方が一般的だと思います。

ガザミ ワタリガニ 違い

最後にガザミは大きなハサミを持っているため、
素人が素手でガザミを持ち上げるのは危険だと思います。

大きなハサミであなたの指を挟んできて
大けがを負うリスクがあるからです。

そしてハサミで挟まれてケガするようなことを
カニハサミといったりします。

この『カニハサミ』を短くまとめて『ガザミ』と呼ばれるようになったそうです。

最後にまとめますと、ガザミとワタリガニは違いません。
むしろ同じ意味です。

スポンサードリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る