ニザダイは臭い?原因は?

ニザダイ 臭い

魚釣りが大好きな人ならニザダイをゲットしたいと
思っているのではないでしょうか。

それくらいスーパーや魚屋さんで
ニザダイをみかけることはありません。
ニザダイを生で見ることはかなりレアだってことです。

ただ、西日本だと素潜りでニザダイをゲットできることもあります。
そして捕まえてきたニザダイを自宅に持ち帰り
調理して食べる方もいらっしゃいます。

ただ、うまいかどうか?は別の話です(苦笑)。
食べれない事は無いって感じかな。

たとえばニザダイをフライにしたり
煮つけにしたりして食べます。

ただ、ネット上でよく見かけるのが
「ニザダイって臭いんじゃないの?」という噂です。

この記事ではニザダイは臭いのか、
仮に臭いとしたらどうして臭いのか、
原因について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




ニザダイは臭い?

『磯釣りの外道』という別名もあるニザダイですが、
皮の部分や内臓が臭いと評判です。

どんな臭いか?というと
磯臭いって感じですね。

しかも臭いを嗅ぐと、
一瞬息が止まりそうな感じになり
「ウッ」となっちゃいます。

それだけでなく、ニザダイを釣り上げたときに
糞を垂れ流すこともあり、
その糞もけっこう臭いです(苦笑)。

こんな感じでニザダイは糞が臭いのはもちろんのこと
皮や内臓も磯臭いため、
食用のためにニザダイを狙って釣る人は少ないです。

ただ、臭いは冬より夏の方が臭いと言われいます。
なのでどうしてもニザダイを釣ってみたい方、
食べてみたい方は、夏より冬にチャレンジしてみることをおすすめします。

スポンサードリンク




ニザダイの臭いの原因

ニザダイ

ではどうしてニザダイはそんなに臭いのでしょう?
あとどうすれば、ニザダイの臭いを少しでも
抑えることができるのでしょう?

先ほども解説したようにニザダイの臭いは
皮と内臓からきています。

しかも皮と内臓なら内臓の方が臭いです。
だから、ニザダイを調理する際に
包丁で内臓を指してしまうと、周りに臭いが
くっついてしまいます。

そうなると、ニザダイの料理を食べる際、
みんなまずそうで、不機嫌な顔になってしまうでしょう。

なので、調理する場合、
内臓を傷つけないように注意してください。
これだけでも、ニザダイの臭みが
一気に少なくなるはずです。

また夏より冬の方がニザダイの臭いは少ないと言われています。
なので、釣りするにしても調理するにしても
冬にすることをおすすめします。

それから磯でゲットするものより
沖合でゲットするニザダイの方が臭いは少ないと言われています。

この辺も臭い対策のヒントになりそうですね。

スポンサードリンク




ニザダイは臭い対策

ニザダイ

まとめになってきますが、
ニザダイの臭いは冬より夏の方がきついです。

ということはどうしてもニザダイを調理して食べたいなら
冬の寒い時期がおすすめということになります。

冬にニザダイを釣ったら
すぐ活き締めし血抜きをしてください。
そして、即座に内臓を傷つけないように
取り除いてしまいましょう。

内臓を取り除いたらお腹の中をしっかりと
洗いましょう。

そうすれば、ニザダイ特有の磯臭さを
最大限、抑えることができます。

釣ったあとに、血抜きをして内臓を抜いておかないと
見の部分にまでニザダイの臭いがうつってしまい、
食べるのが難しくなります。

なので、釣ったらできるだけ早く
血抜きして内臓を取り除くようにしましょう。

ちなみに活き締めの方法ですが、
まず最初にエラから包丁を入れるようにしましょう。
次に頭部(延髄)と動脈に包丁を入れてください。

スポンサードリンク




臭いの少ないニザダイの見分け方

最後に、ニザダイは関東だとスーパーで
見かけることはないと思います。

でも関西、九州、四国あたりだと
スーパーで販売されていることがあります。

ただ、繰り返しになりますが
ニザダイは臭いがきつくて有名です。

でも、スーパーで売られているニザダイでも
臭いの少ない物もあります。

どうすれば、臭いの少ないニザダイを
発見することができるのでしょうか?

売られているニザダイで
臭いが少ないかどうか?直接鼻を近づけるという方法は
現実的ではありません。

周りの目もありますからね。
確実に嫌がられます(苦笑)。

じゃ、どうしたらいいか?
これも繰り返しになりますが、
ニザダイは内臓が臭いです。

釣ったあと、内臓が残ったままの時間が長ければ長いほど
身にまで、臭いが染みついてしまいます。

なので、まず内臓が残っているニザダイは避けてください。
ほぼ確実に臭いです。

逆に内臓がしっかり取り除かれているニザダイなら
臭いが少ない可能性が高いので買ってもよいでしょう。
ただあくまで自己責任でお願いします(苦笑)。

スポンサードリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る