ニホンヒキガエルの持つ毒ってどれだけ恐ろしいの?

ニホンヒキガエル

カエルの中には毒を持つ種類がいます。

毒を持つカエルとしては

・ニホンヒキガエルなどのヒキガエル
・ヤドクガエル

などがあります。


YOUTUBEで観たい方はココをクリック!

ニホンヒキガエルやヤドクガエルが毒を持っている理由は
自分の身を守るため
だと言われています。

ただカエルと本人に毒を持っている理由を聞いたわけではないので
真実かどうかはわかりませんが。

とはいえ、ニホンヒキガエルやヤドクガエルは
毒を持っていることは確かです。

この記事ではニホンヒキガエルの毒について解説します。

ニホンヒキガエルの毒について

ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエルはブフォトキシンという毒を持っています。

ニホンヒキガエルなどのカエルはヘビに襲われて
最悪食べられて、死んでしまうわけです。

でも、ブフォトキシンという毒でヘビを攻撃することで
自分の身を守っているんです。

ではどこからブフォトキシンという毒を出すのでしょう?

ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエル

目の後ろにある耳腺という袋から毒を出します。

私たち人間も、ニホンヒキガエルを
強引につかむなどした場合に、ブフォトキシンを出します。
毒は白い液体です。

ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエル

ブフォトキシンってどんな毒なの?」と思った方もいるかもしれませんね。

ブフォトキシンは刺激物であり、神経に作用します。
なので、ブフォトキシンが目に入ると刺激で目を開けてられません。

ひどい場合、眼医者さんで目の洗浄をしてもらわないと
目を開けることも難しいくらいの状態になる場合もあります。

それから口や粘膜にブフォトキシンが入ると
嘔吐したり、体が麻痺したり、しびれたりする場合もあるんです。

ニホンヒキガエル

ニホンヒキガエル

最後にまとめますとニホンヒキガエルは耳腺というところから
ブフォトキシンという毒を出します。

ブフォトキシンは刺激があり、神経を麻痺させたりしびれさせる作用があります。
ニホンヒキガエルを強引につかんだりすると
自分の身を守るために、ブフォトキシンを出します。

ブフォトキシンの色は白く液体です。

ニホンヒキガエルを飼ってみたい方、
ネット通販で購入できますよ。
【ニホンヒキガエル】 Mサイズ1匹

こちらも参考に!⇒オヤニラミの飼育でエサはどうすればいい?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 14日
  2. 2017年 6月 16日
  3. 2017年 6月 25日
    トラックバック:アフリカツメガエルの餌は?
  4. 2017年 6月 25日
  5. 2018年 7月 12日

ページ上部へ戻る