オオクチバスの特徴は?

オオクチバス

オオクチバスは海外からやってきた魚です。

どうして海外からやってきたかというと

・食用
・釣りの対象

にしょうと日本人が考えたからです。

ではここからが本題です。
オオクチバスの特徴について解説します。

オオクチバスの特徴とは?


YOUTUBEで観たい方はココをクリック

オオクチバスは口が大きいのが特徴です。
オオクチバス=『大口』バスですから。

繁殖期は5月前後です。
水温は20℃前後ないと産卵しません。

オオクチバス

オオクチバス

で、オオクチバスの産卵で特徴的なのが
メスの産卵前にオスは必死で仕事するんです。

具体的にはオスは水底を掃除します。
綺麗にした状態でメスを呼びます。

メスはオスがキレイにしたところに産卵します。
産卵後、卵が孵化した後も、オスは稚魚を見守る習性があります。

オオクチバスのオスは子供思いのいいお父さんなんですね。

オオクチバス

オオクチバス

それから記事の冒頭でも書きましたがオオクチバスは食用として
日本にやってきたという経緯があります。

つまりオオクチバスは食べれるってことです。
天ぷらやフライなどにして食べる方が多いです。

ただオオクチバスの皮には臭みがあります。
なのでしっかりと皮を取った上で調理するようにしましょう。

あと、泥まみれの場所よりも
キレイな水の中で釣ったオオクチバスの方が臭みは少ないです。

オオクチバス

オオクチバス

最後にオオクチバスは水生昆虫や甲殻類、魚類を食べます。
肉食ってことです。

昆虫でいったらカマキリみたいな感じです。
そのため、周りにいる魚をどんどん食べてしまうため
日本固有の魚がどんどんやられてしまっています。

以上でオオクチバスの特徴についての解説を終わります。

こちらも参考に! ⇒オオクチバス問題とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 03日

ページ上部へ戻る