ニホンアカガエルの生態は?

ニホンアカガエル

「キョッ、キョッ、キョッ、キョッ」と特徴的な鳴き声が聞こえてきたなら
もしかしたらニホンアカガエルが近くにいるのかもしれません。

一般的なカエルの鳴き声だと「ケロケロケロ」とか
「ゲロゲロゲロ」ですからね。

ただ最近ではニホンアカガエルの数が減少してきていて
なかなか、野外で生活しているニホンアカガエルを見ることはできません。

「どうしてニホンアカガエルの数が減少してきているの?」
と疑問に感じた方は、こちらの記事をご覧ください。
ニホンアカガエルが減少している原因は?

ではここからが本題です。

この記事ではニホンアカガエルの生態について解説します。

ニホンアカガエルの生態について


YOUTUBEで観たい方はココでクリック

まず繁殖に関する生態について。
先ほども言いましたようにニホンアカガエルは
「キョッキョッキョ」と鳴くわけですが、

この「キョッキョッキョ」は雄が雌を求めるときの鳴き声なんです。
ニホンアカガエルの繁殖期は2月や3月頃です。
暖かくなる前ですね。

水田、湿原などで交尾して繁殖します。

一度に2000個前後の卵を産みます。
産卵後、春眠します。
そして5月くらいになったら活動を再開します。

ニホンアカガエル

ニホンアカガエル

それからニホンアカガエルは

・本州
・四国
・九州

で生息しています。

が、とにかくニホンアカガエルの数はどんどん減少しています。
詳しい理由についてはこちらをご覧ください。
ニホンアカガエルが減少している原因は?

ニホンアカガエル

ニホンアカガエル

で、ニホンアカガエルは肉食性です。

昆虫を食べて生活しています。
それから住んでいる場所は森林、池沼、水田などの草むらです。

以上でニホンアカガエルの生態についての解説を終わります。

こちらも参考に! ⇒ニホンアカガエルが減少している原因は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る