ニホンアカガエルが減少している原因は?

ニホンアカガエル

ニホンアカガエルはカエルの仲間です。
ただニホンアカガエルは現在ではどこにでも見られるくらい
よくいるカエルではなくなったんです。

つまりニホンアカガエルの数は減少してきています。
種の存続が難しくなってきているんです。
絶滅の危険性があるってことです。

どうしてニホンアカガエルの数は減少してきているのでしょうか?

ニホンアカガエルが減少してきたのはなぜ?


YOUTUBEで観たい方はココでクリック

ニホンアカガエルがが減少してきている原因は
日本の自然環境が変わってきたからです。

ニホンアカガエルは水田などに生息しています。
が、水田を利用している農家の数が減少してきています。

そのため水田が乾燥してきているんです。
結果、ニホンアカガエルが住めない環境になってきたわけです。

ニホンアカガエル

ニホンアカガエル

あと、昔は水田を利用した農家が多かった地域も
都市開発が進んで、どんどん水田がアスファルトに変わり
やはり乾燥が進み、ニホンアカガエルが住めない環境になってきたんです。

そのためニホンアカガエルが住めないため繁殖もできず
結果的に減少してきているという現実があります。

「じゃ、どうすればニホンアカガエルが減少しなくできるの?」
と思った方もいるかもしれません。

対策としては水田をアスファルトに変えることを避けることでしょう。
また農家を国が守ってあげることも重要ですね。

ニホンアカガエル

ニホンアカガエル

農家を守ることで水田の減少を防ぐ、
結果的にニホンアカガエルが減少を食い止めることができます。

ニホンアカガエルは最近では珍しいカエルになりました。
が、姫路市立水族館でみることができます。

興味のある方は姫路市立水族館に行って見ましょう。
当サイトで掲載しているニホンアカガエルの動画や画像は
姫路市立水族館で撮影したものです。

こちらも参考に! ⇒アフリカツメガエル飼育5つのポイント

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 7月 02日
    トラックバック:ニホンアカガエルの生態は?

ページ上部へ戻る