アユモドキの生息地は?

アユモドキ

アユモドキは京都府のレッドデータブックに
絶滅寸前種と記載されています。

それくらいアユモドキは少なくなりました。

今では姫路市立水族館などにいます。
こちらの動画は姫路市立水族館で撮影したものです。


YOUTUBEで観たい方はココをクリック!

上記の動画もすごく貴重な動画と言えるでしょう。
絶滅の危機がある魚ですからね。
なので、じっくりと見てくださいね。

ちなみにアユモドキは京都府のレッドデータブックに
記載されているだけでは有りません。

他にも環境省のレッドデータブックに絶滅危惧として
載っていますし、国際自然保護連合にも記載されています。

アユモドキ

アユモドキ

そんなこともあってアユモドキは

・文化財保護法
・種の保存法

などによって法的な保護を受けています。

もし国などの許可なくアユモドキを捕まえたり
殺傷したりすると5年以下の懲役に処せられることもあります。

十分にご注意ください。

で、さらに詳しいアユモドキの解説については
こちらの記事をご覧ください。
アユモドキとはどんな魚?
それではここからが本題です。

アユモドキの生息地について解説します。

アユモドキの生息地はどこ?

アユモドキ

アユモドキ

アユモドキの生息地は

・京都府亀岡市の桂川水系
・岡山県の吉井川水系
・琵琶湖・淀川水系
・広島県の芦田川水系

などです。

最後に、アユモドキは絶滅が危惧されている魚です。
いくら上記の場所にアユモドキが生息しているとしても
ほぼ見ることはできません。

またアユモドキは法律で保護されています。

なのでどうしてもアユモドキを見たい方は
姫路市立水族館に行くことをおすすめします。

アユモドキ

アユモドキ

ちなみにアユモドキはコイ目の魚です。

同じコイ目の魚として

・ヤリタナゴ
・ニッポンバラタナゴ
・カワバタモロコ
・タイリクバラタナゴ

などがあります。

当サイトでも解説しています。

こちらも参考に! ⇒アユモドキとはどんな魚?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る