ヤリタナゴの特徴は?

ヤリタナゴ

ヤリタナゴはコイ目の魚です。

同じコイ目に

・ニッポンバラタナゴ
・カワバタモロコ
・タイリクバラタナゴ

がいます。

詳しくは以下をご覧ください。

ではここからが本題です。

ヤリタナゴの特徴について解説します。

ヤリタナゴの特徴


YOUTUBEで観たい方はココをクリック

まずヤリタナゴの全長は8cm前後です。
ちなみに同じコイ目のニッポンバラタナゴの場合全長が3cm前後です。

なのでニッポンバラタナゴよりヤリタナゴの方が
一回り大きい感じですね。

ヤリタナゴ

ヤリタナゴ

それからヤリタナゴの外見の特徴ですが。
一対の口ひげがあります。

背びれには暗い色をした班があります。

産卵期は3〜7月なのですが、その頃になると
雄は赤みを帯びるのも特徴的
ですね。

ヤリタナゴ

ヤリタナゴ

それからヤリタナゴの生息地ですが。
ヤリタナゴは水草が多く存在していて
流れのゆるやかな河川や湖などに生息しています。

ヤリタナゴ

ヤリタナゴ

最後にヤリタナゴの寿命は2〜3年です。
ちなみにハムスターの寿命と同じくらいです。

ニッポンバラタナゴの寿命も2年くらいなので
この辺は同じタナゴの仲間って感じですね。

ではニホンスッポンの寿命ってどんなものなのでしょうか。
詳しくはこちらで解説しました。

こちらも参考に!⇒ニホンスッポンの寿命ってどんな感じ?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 26日
    トラックバック:アユモドキとはどんな魚?

ページ上部へ戻る